スタンダード

私のスタンダート。日頃気になることを徒然と書いています。
MENU

まわりの角質をやわらかくすると毛穴は目立たなくなる

毛穴の汚れを取りたいという人が多く、それと同じくらい、剥がすタイプの毛穴パックによるトラブルも多くなっています。まるで「詰まっているものが許せない」というように、ちょっと脂がたまると、すかさずパックをして物理的に取り除く、それをやり過ぎてしまった結果なのでしょう。しかし、毛穴のお手入れを真剣に考えるなら、まずは毛穴について知っておくべきなのではないでしょうか。

 

毛穴から出てくるのは皮脂です。皮脂は、皮脂腺から肌表面に分泌されるしくみになっており、生きている限り分泌し続けます。ですから、それをパックでなくそうとするのは、泉の水をくみ出すような果てしない行為なのです。

 

また、皮脂腺の大きさには個人差がありますが、汚れを取ったからといって、毛穴が小さくなったりはしません。よく「発汗で毛穴の老廃物を洗い流す」という話を聞きますが、これも嘘。汗腺は毛穴とは別の穴なので、鼻をかんでも耳あかが取れないのと同じように、汗で毛穴は掃除できません。毛穴の汚れが気になるならどろあわわ お試しで気軽にチャレンジしてみませんか?では、毛穴のお手入れはどうしたらよいのでしょう。大切なのは、毛穴そのものよりも、毛穴の出口付近の角質が厚くならないようにしつつ、肌の水分量を上げること。つまり、角質コントロールです。ピーリング化粧品や酵素洗顔料で、角化して厚くなった角質を落としてぁげましょう。このお手入れを続けることで、毛穴のまわりの皮膚がやわらかくなり、毛穴が目立たなくなっていきます。

 

剥がすタイプのパックは、見た目の効果は明らかですが、皮脂腺を刺激して皮脂分泌を活発にしてしまうので、あまりおすすめできません。

 

» 続きを読む

世界遺産として有名な日光ですがその歴史は?

日光の日帰り温泉ランキング

 

日光山内は日光東照宮など歴史建造物が並ぶ、日光観光に欠かせないエリア

 

日光山内ってどこのことをいっているの?

 

1999(平成11)年、日本で10番目に世界遺産に登録された日光山内は東照宮、二荒山神社、輪王寺、輪王寺大猷院を合わせた二社-寺の領域を指す。1871 (明治4)年の神仏分離令によって分立するまでは日光山と総称される神仏習合の霊地であったことから今もそう呼ばれる。日光山は766 (天平神護2)年、勝道上人が輪王寺の前身である四本竜寺を建立したことに始まる。

 

 

勝道上人ってどんな人なの?

 

日光開山の祖で、735年下野国芳賀郡生まれ。761年、下野薬師寺で得度受戒。5年後、山岳修行者としてはじめて日光の地に足を踏み入れ、輪王寺の起こりとされる四本竜寺を神橋付近に建立、日光山を開いた。そして782年男体山に登頂し、山頂に奥宮を、中禅寺湖畔に二荒権現をまつったのが日光山の起こり。輪王寺の入口に像が建っているので会ってみよう。

 

 

東照宮は誰が建てたの?

 

1617 (元和3)年、2代将軍秀忠が家康の「日光山に小さな堂を建てて勧請し、神としてまつること。そして八州の鎮守となろう」という遺言により、家康を祭神として創建した。その言葉通り日本全土の平和の守り神として朝廷から東照大権現の神号を受けた家康は、江戸の真北にあたるこの地にまつられた。その後家康をこよなく敬愛する3代将軍家光が今の姿に改修する。多くの工匠が、全国から日光に集められ、現在の価値で400億円に相当する巨費と延べ454万人という労力が費やされた。東照宮は他に静岡の久能山などにもある。

 

 

東照宮は何年くらいで完成したの?

 

東照宮は家康公の死後、2代将軍秀忠により創建された。社殿の造営が始まったのは1616 (元和2)年。完成したのは翌年1617 (元和3)年。わずか1年であった。その後1634(寛永11)年、3代将軍家光公による「寛永の大造替」が始まり、わずか1年5ヶ月の早さで大造替は終わ。った。1日1万人、延べ454万1230人が働いたといわれる。財源はすべて幕府の蔵から調達した。幕末に旧幕軍が日光を目指すが、板垣退助の努力で戦火を逃れ、当時の美しさを今に伝えている。

 

 

世界遺産ってそもそもどういうものなの?

 

世界には昔の人が作ったすばらしい遺跡や建築物、昔のままの美しい自然が残っている。世界遺産とはそういうすばらしいものを世界のすべての人々が共有し未来の世代に引き継いでいくべき人類共通の宝物のこと。そこには国境という概念はなく、自国の文化と歴史を愛することは他国の文化と歴史を理解し、尊重することへとつながっていく。文化遺産自然遺産・複合遺産に分類される。

 

日光山内では有名な古儀が数多くある。特に毎年5月18日に行われる春季例大祭の千人武者行列は見ごたえ十分。二荒山神社の4月の弥生祭、4月2日に行われる輪王!寺の強飯式も有名。ぜひ昔の面影を探しに出かけてみよう。

 

世界的にも有名な世界遺産の宝庫である日光ですが、実は観光だけではなく、日帰り温泉も楽しめるのです。ホテルによっては日帰り温泉プランのある宿もあり、日頃の喧騒を忘れてのんびり温泉を楽しむのもおつですよね。人気の日帰り温泉プランのあるホテルなら⇒日光の日帰り温泉ランキングで自分好みのホテルを探してみては如何でしょうか?

 

» 続きを読む

国内でも有数の那須高原でリゾートホテル(旅館)やアートや可愛い動物

那須の旅館(ホテル)

 

那須高原は、避暑地としてリゾート開発が進む一方、近年では観光レジャーにもカが入り、観光牧場や遊園地、個性あふれる美術館など、レジャー施設が充実している。那須湯本には湯治場ならではのしっとりとした風情を伝える鹿の湯や数々の旅館・ホテルが立ち並ぶ。那須連峰を車窓に見るボルケーノハイウェイのドライブや那須ロープウェイを利用した茶臼岳の登山も人気。

 

那須高原

 

那須連峰の南東にそびえる茶臼岳(那須岳)の麓に広がるリゾート地別荘が立ち並ぶ避暑地である一方、個性的な美術館、動物とふれあえる牧場、スリル満点のアトラクションが揃うプレイスポットなどが点在し、楽しみが尽きることのない観光地として人気が高い。

 

那須湯本

 

ボルケーノハイウェイに入る手前にあり那須温泉郷の中心地で知られる場所。湯は約1 300年の歴史があり、旅館やみやげ屋で賑わう通りから一歩奥へと入れば、昔ながらのひなびた湯治場の風情が残る。那須を代表する奇勝地の殺生石や那須与一ゆかりの那須温泉神社など、観光名所も点在。

 

茶臼岳

 

茶臼岳(那須岳)は、那須連峰の主峰をなす標高1915mの活火山。砂礫地から噴煙が上る殺伐とした奇勝と那須や日光の山々を望む絶景が楽しめるとあって、日帰りの登山客も年々増加している。山頂からさらに足をのばせば、山懐に2軒の宿がたたずむ三斗小屋温泉もある。

 

 

那須高原を心置きなく楽しむためにも人気の宿泊ホテルをを抑えましょう。折角の楽しい那須観光ですから、できれば良い宿泊ホテルで日頃の喧騒を忘れて楽しみたい物ですね。⇒那須の(ホテル)ランキングでおすすめのホテルを探してみては如何でしょうか?砂州の自然の堪能するも良し、リゾートホテルで飲んびるするもよし、アートを鑑賞するも良し、可愛い動物たちと戯れるのも楽しいですね。

 

» 続きを読む

軽井沢の見所は?どの宿泊ホテルが良いんだろう?

軽井沢は、避暑地として100年以上の歴史ほこります。東京から新幹線で1時間リでアプローチできる身近な高原リゾートですね。木漏れ日が降りそそぐカラマツ林を散策すると、洗練されたホテルやチャペルなど、歴史的な建造物が点在する自然の中に一歩踏み込めば、豊富な種類の動植物が生息している一方では巨大なシヨツピングモールが新しいランドマークとして定着し、バラエティに富んだ楽しみ方ができることでしょう。

 

軽井沢エリアを把握しよう

メインストリートの旧軽銀座と、万平ホテルなどハイカラな歴史的建造物が点在するあたりが旧軽井沢エリア。中軽井沢駅から北に広がる中軽井沢エリアは、自然や温泉に恵まれたところ。さらに北に位置する北軽井沢エリアは浅間山の北東山麓にあたり、アウトドアレジャースポットが充実しています。駅の南側一帯が南軽井沢エリア。ショッピング、レジャー施設、美術館が多いエリアですね。

 

一つ目は、旧軽井沢から

街の中心には三笠通りが走り、街路樹や季節の草花が整然と植えられている昔ながらの宿場町に、西洋の影響が加わった街並みは独特の趣。一方で、道を一本入れば豊かな緑の中に閑静な別荘地が広がる歴史と伝統を受け継ぐ老舗に加えて新しい店も続々と登場 新旧が混在し、訪れるたびに新しい発見がある楽しい街ですね。

 

観光地ならではの魅力と便利さが満載のエリア

異国情緒あふれる街並みに、歴史的建造物が点在する旧軽井沢。別荘地や豊かな自然が多いこのエリアでは、サイクリングがおすすめ。カフェやレストランで寄り道をしながら楽しみたい。軽井沢屈指のショッピング街、旧軽銀座も見逃せない。起点となるJR軽井沢駅には待合室やコインロッカーもあるので賢く利用しましょう。

 

軽井沢随一のショッピングエリアといわれる旧軽井沢。中でも「旧軽銀座」の通称で親しまれているメインストリートは、中心的存在だ。昔ながらの老舗から話題のショップまで約400軒の店が軒を連ね、シーズンには観光客から別荘客など大勢の人で賑わう。

 

軽井沢の魅力が集結!レストランやショップがひしめき合う旧軽銀座では「食べる」「買う」が目的の大半を占める。ストリートの番奥に並ぶ、昭和初期に建てられた近藤長屋など、昔ながらの商店も見逃せない。

 

二カ所目は南軽井沢

JR軽井沢駅から南側一帯のエリア広々とした土地にはゴルフ場やテニスコート、乗馬クラブなどが点在し、軽井沢でもスポーツが盛んなところ。アウトレットショップがずらりと並ぶ軽井沢プリンスショッピングプラザや、のびのびとした自然と芸術鑑賞が楽しめる軽井沢タリアセンもあり訪れる人のニーズに応えてくれることでしょう。

 

見どころは広範囲にわたる

レジャースポットが目白押しの南軽井沢だが、軽井沢・プリンスショッピングプラザ、軽井沢タリアセン,ムーゼの森は外せない。時間があればレイクニュータウンにも足をのばしたい。見どころは離れているので車での移動が楽。

 

軽井沢タリアセン

南軽井沢エリアきっての観光ポイント、園内にはレストランやミュージアム・レクリエーション施設が点在し、子供から大人まで楽しめる。

 

園内の必見ポイント

@塩沢湖Aイングリッシュローズ・ガーデンBペイネ美術館C深沢紅子野の花美術館D軽井沢高原文庫が主な見どころ。自然も豊富で、散策するのも気持ちがいい。建物外はペットもOK。

 

三か所目は、中軽井沢

浅間山麓に広がる大自然と静かなたたずまいで、古くから多くの文人や芸術家たちに愛されてきた中軽井沢点在する歌碑や句碑、大小の美術館にも、その歴史が垣間見える。ほんの少し足をのばせば軽井沢を代表する景勝地のひとつである白糸の滝や宿場情緒漂う追分などの見どころもあるので、ゆったりと楽しみたいエリアですね。

 

大自然と文化の香りを満喫

中軽井沢の散策は、しなの鉄道中軽井沢駅が起点。草津方面へ向かう国道146号線の千ヶ滝通り周辺には、教会や美術館、文学碑、野鳥の森や温泉など、多くの見どころが点在。ひと足のばせば白糸の滝や信濃追分の観光も楽しめる。

 

ゆったりと高原の休日を楽しむ憧れのリゾートホテル

充実した休日を楽しむなら、ホテルにもこだわりたい街の喧騒から離れ、緑豊かな癒しの空間でゆったりと過ごすそんな、ワンランク上の極上プライベートタイムを満喫しよう。軽井沢の宿泊ホテルなら憧れのリゾートホテルに宿泊してみたいですよね。

» 続きを読む

このページの先頭へ