MENU

世界遺産として有名な日光ですがその歴史は?

日光山内は日光東照宮など歴史建造物が並ぶ、日光観光に欠かせないエリア日光山内ってどこのことをいっているの?1999(平成11)年、日本で10番目に世界遺産に登録された日光山内は東照宮、二荒山神社、輪王寺、輪王寺大猷院を合わせた二社-寺の領域を指す。1871 (明治4)年の神仏分離令によって分立するまでは日光山と総称される神仏習合の霊地であったことから今もそう呼ばれる。日光山は766 (天平神護2)年、勝道上人が輪王寺の前身である四本竜寺を建立したことに始まる。勝道上人ってどんな人なの?日光開山の祖で、735年下野国芳賀郡生まれ。761年、下野薬師寺で得度受戒。5年後、山岳修行者としてはじめて日...

» 続きを読む

国内でも有数の那須高原でリゾートホテル(旅館)やアートや可愛い動物

那須高原は、避暑地としてリゾート開発が進む一方、近年では観光レジャーにもカが入り、観光牧場や遊園地、個性あふれる美術館など、レジャー施設が充実している。那須湯本には湯治場ならではのしっとりとした風情を伝える鹿の湯や数々の旅館・ホテルが立ち並ぶ。那須連峰を車窓に見るボルケーノハイウェイのドライブや那須ロープウェイを利用した茶臼岳の登山も人気。那須高原那須連峰の南東にそびえる茶臼岳(那須岳)の麓に広がるリゾート地別荘が立ち並ぶ避暑地である一方、個性的な美術館、動物とふれあえる牧場、スリル満点のアトラクションが揃うプレイスポットなどが点在し、楽しみが尽きることのない観光地として人気が高い。那須湯本ボ...

» 続きを読む

軽井沢の見所は?どの宿泊ホテルが良いんだろう?

軽井沢は、避暑地として100年以上の歴史ほこります。東京から新幹線で1時間リでアプローチできる身近な高原リゾートですね。木漏れ日が降りそそぐカラマツ林を散策すると、洗練されたホテルやチャペルなど、歴史的な建造物が点在する自然の中に一歩踏み込めば、豊富な種類の動植物が生息している一方では巨大なシヨツピングモールが新しいランドマークとして定着し、バラエティに富んだ楽しみ方ができることでしょう。軽井沢エリアを把握しようメインストリートの旧軽銀座と、万平ホテルなどハイカラな歴史的建造物が点在するあたりが旧軽井沢エリア。中軽井沢駅から北に広がる中軽井沢エリアは、自然や温泉に恵まれたところ。さらに北に位置...

» 続きを読む

このページの先頭へ