日光の歴史ってご存知ですか?

日光山内は日光東照宮など歴史建造物が並ぶ世界遺産の宝庫
MENU

日光山内の歴史

日光の日帰り温泉ランキング

 

日光山内は日光東照宮など歴史建造物が並ぶ、日光観光に欠かせないエリア

 

日光山内ってどこのことをいっているの?

 

1999(平成11)年、日本で10番目に世界遺産に登録された日光山内は東照宮、二荒山神社、輪王寺、輪王寺大猷院を合わせた二社-寺の領域を指す。1871 (明治4)年の神仏分離令によって分立するまでは日光山と総称される神仏習合の霊地であったことから今もそう呼ばれる。日光山は766 (天平神護2)年、勝道上人が輪王寺の前身である四本竜寺を建立したことに始まる。

 

 

勝道上人ってどんな人なの?

 

日光開山の祖で、735年下野国芳賀郡生まれ。761年、下野薬師寺で得度受戒。5年後、山岳修行者としてはじめて日光の地に足を踏み入れ、輪王寺の起こりとされる四本竜寺を神橋付近に建立、日光山を開いた。そして782年男体山に登頂し、山頂に奥宮を、中禅寺湖畔に二荒権現をまつったのが日光山の起こり。輪王寺の入口に像が建っているので会ってみよう。

 

 

東照宮は誰が建てたの?

 

1617 (元和3)年、2代将軍秀忠が家康の「日光山に小さな堂を建てて勧請し、神としてまつること。そして八州の鎮守となろう」という遺言により、家康を祭神として創建した。その言葉通り日本全土の平和の守り神として朝廷から東照大権現の神号を受けた家康は、江戸の真北にあたるこの地にまつられた。その後家康をこよなく敬愛する3代将軍家光が今の姿に改修する。多くの工匠が、全国から日光に集められ、現在の価値で400億円に相当する巨費と延べ454万人という労力が費やされた。東照宮は他に静岡の久能山などにもある。

 

 

東照宮は何年くらいで完成したの?

 

東照宮は家康公の死後、2代将軍秀忠により創建された。社殿の造営が始まったのは1616 (元和2)年。完成したのは翌年1617 (元和3)年。わずか1年であった。その後1634(寛永11)年、3代将軍家光公による「寛永の大造替」が始まり、わずか1年5ヶ月の早さで大造替は終わ。った。1日1万人、延べ454万1230人が働いたといわれる。財源はすべて幕府の蔵から調達した。幕末に旧幕軍が日光を目指すが、板垣退助の努力で戦火を逃れ、当時の美しさを今に伝えている。

 

 

世界遺産ってそもそもどういうものなの?

 

世界には昔の人が作ったすばらしい遺跡や建築物、昔のままの美しい自然が残っている。世界遺産とはそういうすばらしいものを世界のすべての人々が共有し未来の世代に引き継いでいくべき人類共通の宝物のこと。そこには国境という概念はなく、自国の文化と歴史を愛することは他国の文化と歴史を理解し、尊重することへとつながっていく。文化遺産自然遺産・複合遺産に分類される。

 

日光山内では有名な古儀が数多くある。特に毎年5月18日に行われる春季例大祭の千人武者行列は見ごたえ十分。二荒山神社の4月の弥生祭、4月2日に行われる輪王!寺の強飯式も有名。ぜひ昔の面影を探しに出かけてみよう。

 

世界的にも有名な世界遺産の宝庫である日光ですが、実は観光だけではなく、日帰り温泉も楽しめるのです。ホテルによっては日帰り温泉プランのある宿もあり、日頃の喧騒を忘れてのんびり温泉を楽しむのもおつですよね。人気の日帰り温泉プランのあるホテルなら⇒日光の日帰り温泉ランキングで自分好みのホテルを探してみては如何でしょうか?

 

関連ページ

軽井沢の見所は?どの宿泊ホテルが良いんだろう?
軽井沢の魅力や見どころは?宿泊先もどこが良いんでしょうか?
国内でも有数の那須高原でリゾートホテル(旅館)やアートや可愛い動物
那須高原の見どころや楽しい所は?
このページの先頭へ