スタンダート(気になる軽井沢)

軽井沢の魅力や見どころは?宿泊先もどこが良いんでしょうか?
MENU

国内でも有数の避暑地として名を馳せる軽井沢

軽井沢は、避暑地として100年以上の歴史ほこります。東京から新幹線で1時間リでアプローチできる身近な高原リゾートですね。木漏れ日が降りそそぐカラマツ林を散策すると、洗練されたホテルやチャペルなど、歴史的な建造物が点在する自然の中に一歩踏み込めば、豊富な種類の動植物が生息している一方では巨大なシヨツピングモールが新しいランドマークとして定着し、バラエティに富んだ楽しみ方ができることでしょう。

 

軽井沢エリアを把握しよう

メインストリートの旧軽銀座と、万平ホテルなどハイカラな歴史的建造物が点在するあたりが旧軽井沢エリア。中軽井沢駅から北に広がる中軽井沢エリアは、自然や温泉に恵まれたところ。さらに北に位置する北軽井沢エリアは浅間山の北東山麓にあたり、アウトドアレジャースポットが充実しています。駅の南側一帯が南軽井沢エリア。ショッピング、レジャー施設、美術館が多いエリアですね。

 

一つ目は、旧軽井沢から

街の中心には三笠通りが走り、街路樹や季節の草花が整然と植えられている昔ながらの宿場町に、西洋の影響が加わった街並みは独特の趣。一方で、道を一本入れば豊かな緑の中に閑静な別荘地が広がる歴史と伝統を受け継ぐ老舗に加えて新しい店も続々と登場 新旧が混在し、訪れるたびに新しい発見がある楽しい街ですね。

 

観光地ならではの魅力と便利さが満載のエリア

異国情緒あふれる街並みに、歴史的建造物が点在する旧軽井沢。別荘地や豊かな自然が多いこのエリアでは、サイクリングがおすすめ。カフェやレストランで寄り道をしながら楽しみたい。軽井沢屈指のショッピング街、旧軽銀座も見逃せない。起点となるJR軽井沢駅には待合室やコインロッカーもあるので賢く利用しましょう。

 

軽井沢随一のショッピングエリアといわれる旧軽井沢。中でも「旧軽銀座」の通称で親しまれているメインストリートは、中心的存在だ。昔ながらの老舗から話題のショップまで約400軒の店が軒を連ね、シーズンには観光客から別荘客など大勢の人で賑わう。

 

軽井沢の魅力が集結!レストランやショップがひしめき合う旧軽銀座では「食べる」「買う」が目的の大半を占める。ストリートの番奥に並ぶ、昭和初期に建てられた近藤長屋など、昔ながらの商店も見逃せない。

 

二カ所目は南軽井沢

JR軽井沢駅から南側一帯のエリア広々とした土地にはゴルフ場やテニスコート、乗馬クラブなどが点在し、軽井沢でもスポーツが盛んなところ。アウトレットショップがずらりと並ぶ軽井沢プリンスショッピングプラザや、のびのびとした自然と芸術鑑賞が楽しめる軽井沢タリアセンもあり訪れる人のニーズに応えてくれることでしょう。

 

見どころは広範囲にわたる

レジャースポットが目白押しの南軽井沢だが、軽井沢・プリンスショッピングプラザ、軽井沢タリアセン,ムーゼの森は外せない。時間があればレイクニュータウンにも足をのばしたい。見どころは離れているので車での移動が楽。

 

軽井沢タリアセン

南軽井沢エリアきっての観光ポイント、園内にはレストランやミュージアム・レクリエーション施設が点在し、子供から大人まで楽しめる。

 

園内の必見ポイント

@塩沢湖Aイングリッシュローズ・ガーデンBペイネ美術館C深沢紅子野の花美術館D軽井沢高原文庫が主な見どころ。自然も豊富で、散策するのも気持ちがいい。建物外はペットもOK。

 

三か所目は、中軽井沢

浅間山麓に広がる大自然と静かなたたずまいで、古くから多くの文人や芸術家たちに愛されてきた中軽井沢点在する歌碑や句碑、大小の美術館にも、その歴史が垣間見える。ほんの少し足をのばせば軽井沢を代表する景勝地のひとつである白糸の滝や宿場情緒漂う追分などの見どころもあるので、ゆったりと楽しみたいエリアですね。

 

大自然と文化の香りを満喫

中軽井沢の散策は、しなの鉄道中軽井沢駅が起点。草津方面へ向かう国道146号線の千ヶ滝通り周辺には、教会や美術館、文学碑、野鳥の森や温泉など、多くの見どころが点在。ひと足のばせば白糸の滝や信濃追分の観光も楽しめる。

 

ゆったりと高原の休日を楽しむ憧れのリゾートホテル

充実した休日を楽しむなら、ホテルにもこだわりたい街の喧騒から離れ、緑豊かな癒しの空間でゆったりと過ごすそんな、ワンランク上の極上プライベートタイムを満喫しよう。軽井沢の宿泊ホテルなら憧れのリゾートホテルに宿泊してみたいですよね。

メニュー

このページの先頭へ